ミラクルフルーツ、ミラクリン、味覚修飾、味覚、教育、ギムネマ、クルクリゴ、主にミラクルフルーツ、ミラクリン、ギムネマ、クルクリゴ、ストロジン、などの味覚修飾、味覚の教育についての研究、講演を愛知県で行っています。ストロジン、講演、愛知、島村、島村光治、研究 スーパーJチャンネル 味覚修飾植物プレゼント企画ボランティア講演(試食付き)のご紹介。ミラクリン、味覚修飾ミラクルフルーツ味覚修飾、味覚、教育、ギムネマ、ミラクルフルーツクルクリゴ、味覚修飾、味覚の教育についての研究、講演を愛知県で行っています。ミラクルフルーツ


参加者の御感想

2006/1/31に実施した阿久比町立東部小学校5年2組の参加者のご感想です。


  Aさん 
 ライオンが草食動物の内臓(小腸)にある草を食べていることは驚きました。
 ミラクルフルーツをなめてから、100%果汁のグレープフルーツジュースが甘く感じました。こんな面白い現象がおきるなんで不思議でした。でも、その理由を知って納得しました。
 僕はカップラーメンが好きで、けっこう食べます。でも、これからは食べ過ぎないようにしたいと思います。
 家族にも今日習ったことを教えてあげたいと思います。

島村のコメント
 ライオンは直接草を食べることができないので、このような形で、食物繊維をとっています。
 また、加工食品を食べることはいいのですが、そればかり続けて食べるような食生活が続くと、味覚障害になる恐れがあるので、注意してほしいと思います。(ギムネマの葉っぱで味覚障害の疑似体験をし、患者の気持ちが理解できたと思います。) 


  Bさん 
 私がまず驚いたのは、ライオンは小腸→肝臓・すい臓→筋肉の順番でえものを食べるなんて初めて知りました。
 ギムネマはとってもすごい力を持っているのにはびっくりしました。葉を食べたとき、まずかったですが、その後の効果には驚きました。
 ヘビは味蕾が。2〜3個と聞いて、私も『すげえー』と言うくらいでした。
 味覚障害の患者が日本で毎年24万人もいるなんて悲しいなあと思いました。
 今日はとっても良い勉強になりました。

島村のコメント
 ヘビがえものを食べるときに、味わっていないですよね。丸飲みしています。従って、味蕾が少なくても触覚(さわったときの感覚)で食べていいものかを判断しているため、問題ないわけです。 


  Cさん 
 私は今日、味覚体験で楽しいことがたくさんありました。
 島村先生は面白いことやみんなが誤解していたことを色々と教えてくださいました。私は味覚地図は間違いである事を初めて知りました。私はこの事をお母さんにさっそく教えたいと思います。
 私は辛いものが大好きですが、辛味が味ではなく、感覚であるなんてびっくりしました。
 砂糖とチョコはギムネマを食べる前は甘かったのに、ギムネマを食べた後では、砂糖は砂みたいで、チョコは苦味しかありませんでした。本当にこうなるとは思ってもいなかったです。
 100%グレープフルーツジュースやレモン入りプレーンヨーグルトでは、ミラクルフルーツをなめたら、甘くなってしまいました。びっくりしました。
 残ったギムネマの持って帰ってまた試してみたいです。
 
島村のコメント
  味覚地図は間違いですので、覚えないで下さい。
  また、大学でしか教えていない内容なので難しく感じるかもしれませんが、辛味は感覚(分かりやすく言うと口の中が軽いやけどをしている状態)です。そうすると痛みを抑える物質が頭から出てきます。それにはまることで、辛いものが好きな人が多いわけです。(興味があったら、詳しく紹介しますので、連絡してください。) 


  Dさん 
 私は今日の島村先生の味覚体験で楽しかったことがいくつかありました。
 まずはギムネマを使った実験で、ギムネマを食べたら、味覚障害になってしまった感じになったことです。そして、逆にミラクルフルーツを食べたら、すごく酸っぱかった『100%グレープフルーツジュース』や『レモン入りヨーグルト』がすごく甘い味になったのでびっくりしました。ミラクルフルーツを食べる前は全然口にできなかったのがすごくおいしくなって、はまりました。私は外国には変わった植物があるんだなあとつくづく思いました。
 あと、先生が教えてくださった『桃栗3年、ミラクル7年』という言葉は面白いなあと思いました。
 他にもお父さんやお母さん達が学校で習った『味覚地図』という言葉を私は聞いた事があったのですが、その言葉が間違っている事にはびっくりしました。
 やはり、15年も味覚について研究してきた島村先生のお話はすごく分かりやすかったです。本当にどうもありがとうございました。
 
島村のコメント
 日本では冬があるため、通常の室内で育てていると芽が出てから初めて結実するまで7年くらいかかると思います。(日本での温室栽培においては3年程度でつくようになっております。) ただ、共同研究している台湾では、1年程度で実がつくものもあり、やはり温かいところの植物であることがよく分かります。