参加者の御感想

11/12に実施した日本福祉大学付属高等学校土曜講座受講者の皆さんの御感想です。


  Aさん 3年(♂) 
 人間が味覚を感じるのは舌に味蕾があるからだと言うことを知りました。人間には6000個〜9000この味蕾があることに驚きました。そして、他の生き物は住む場所によって味蕾の数が違うことに驚きました。ナマズは10万個の味蕾が全身にあるが、ヘビは3個程度しかありません。
 また、味覚の感じ方も生物によって異なります。ライオンの味覚やコアラがなぜ、ユーカリの葉っぱを食べているのかを知りました。
 実際にギムネマの葉を食べると、甘かったものが何にも感じなくなって、感動しました。ミラクルフルーツも酸っぱくて全く飲めなかったジュースが甘くなりました。味覚はすごいと思いました。 
 
 島村のコメント
 動物は味覚をすむ環境に合わせて、変化させてきました。目の悪い川や沼にすんでいるナマズは敵やえさのありかを体全体についている味蕾で感じて生きていること、また、ヘビは触覚で食べていいかを判断していることなどを学びましたね。
 普段あんまり考えたことがないと思いますが、味覚の重要さ、面白さが分かってもらえれば幸いです。


  Bさん 3年(♀)   
 自分で実際に体験できたことが良かったです。人間の一番大事な食べるという事を考えさせられました。ただ、おいしい、まずいということではな、味覚について科学的に学ぶことができました。
 ギムネマは苦かったです。すごく不思議でした。普段何気なく食べて感じている味についても、科学的な根拠があって味付けされていたことを初めて知りました。
 食べること、食べ物を視覚で楽しむこと。食事の時間がすごく大事だと思いました。身体の五感、食事は口だけではなく、五感をフルに使っている事を初めて知り、納得でき、この講座を選んで良かったと思いました。
 すごくいい体験になりました。これからは、食べるとき、味について考えて食べてみようと思います。

島村のコメント
 味だけではなくて、毎日食べている食材について、意外と知られておりません。最近、食品の履歴(トレーサビリティ)がQRコートで分かったりする時代になってきました。実際に農作物を作っている人などを見学したりすると、もっと興味が持てると思います。


  Cさん 3年(♀)
  ナマズとハエの味蕾の話は興味深いものでした。
 食べ物の好き嫌いのメカニズムも、自分に当てはまるものがあり、驚きました。
 ファストフードやポテトチップスがおいしいと思うのは、脂分が含まれているからだということを知り、あまり食べたくないと思いました。
 病気の人にギムネマやミラクルフルーツを使うことは良い考えだと思いました。もっと研究が進んで、役に立つようになればいいと思います。
 
 島村のコメント
 脂分は味がしませんが、食べると脳内で快感物質が出ます。そのため、おいしく感じられるわけです。但し、そこに情報が入ることにより、脂分少なめとかの表示情報に踊らされることが多々あります。消費者として正しい知識を身につけてほしいと思います。


  Dさん 1年(♀)   
 ミラクルフルーツやギムネマを食べるだけではなく、舌の仕組みや食生活の大切さを知ることができました。
 ギムネマの葉自体苦くてビックリしました。でも、その後に食べた砂糖がすごくまずくなって、砂のようでした。チョコレートもカカオバターのバターのような感じしかしなかったです。
 ミラクルフルーツは本当に酸っぱいものが甘くなって感動しました。
 舌で味を感じる仕組みは鍵と鍵穴の関係に例えることができることを初めて知りました。今までの知識では味覚地図を信じていました。
 ナマズが体全体で味を感じていることは初めて知って、生物の知恵に感動しました。人間は味蕾が多いわけではないが、毒を誤って食べないように、知識が少ない赤ちゃんが味蕾が多いということには驚きました。

島村のコメント
 味の情報は生まれつき頭の中に入っております。赤ちゃんは誤って腐敗物や毒を食べないように、本能的に酸味や苦味を避ける傾向にあります。
 大人になると酸味や苦味でも体にいいとかの情報が入ることで、おいしく感じる時期が来ます。


  Eさん 1年(♀)
  今までテレビや親からなどで舌の甘味などを感じる部分は分かれていると聞いていましたが、今回、舌全体で感じると聴いて、考えを根本的に変えられました。
 自分の祖母は味覚障害で、亜鉛をとるために、薬を飲んでいますが、味が分からないことの大変さがギムネマの実験で実感できました。
 このようなためになる講座をもっと受けたいと思いました。
 
 島村のコメント
 味覚障害は全国で年間24万人発生しております。大半は食生活による亜鉛の摂取不足なのですが、薬の飲みあわせで亜鉛の吸収を阻害するケースもあります。ギムネマを食べることで、味覚障害の疑似体験ができます。おばあさんの味覚障害が快方に向かうことを願っております。